2021年07月26日

行政による医療機関への支援の手伝い、意見交換会


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

休みがあり、時間があると余裕を持ちすぎて日記を書き終えるのが遅くなります。

◎行政による医療機関への支援の手伝い、意見交換会

以前お知らせしたように(6月14日日記:行政による医療機関への支援)、病院への支援がスタートします。その前に関係者各位の意思疎通も含めて開かれた意見交換会に参加しました。

今年も7月が終わろうとする段階で、4月年度開始の年単位のプロジェクトが実効性のある実行までたどり着けていないので、うむ。という感想です。

数年間、モデル病院として支援してきた医療機関への支援はいったん中止し、今回は医師の時間外労働削減を主な目的にした支援を岐阜県は1医療機関のみに行います。

成功事例をひとつ作る必要があり、これを根拠として各医療機関の医師の働き過ぎを減らす予定です。

実際の話として、医療行為による時間外労働ばかりではなく、医師の研鑽時間(勉強・研究)も労働時間としてカウントされている事例があり、「働き過ぎ」とは異なる場合もあるため、気を付けなければなりません。

同様に私の印象では医師には癖の強い人が多く、労働者としての自覚がない人も多いと感じます。本当に一筋縄ではいかない、課題は「それぞれ」で、「いろいろあるよね」とゆったり構えて向かうしかない感覚です。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188871114

この記事へのトラックバック