2022年06月13日

ある人事評価制度の売り込み業者の倫理観


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎ある人事評価制度の売り込み業者の倫理観

受講した日から時間が経ち、そろそろほとぼりが冷めてきたと思うので日記に書いておきます。

ある日、私の所に人事評価制度のセミナー参加を促すメールが来ました。

以前からお伝えしているように「いい会社」支援コンサルティングチームTNC では人事評価をコンサルティングの一つの目玉として作り上げたので、それとは異なる他の業者の人事評価制度作成について少し知識を入れておきたい気持ちで応募参加しました。

参加してから分かったこととして、内容は社会保険労務士を中心としたもので、社労士に人事評価制度作成のノウハウを販売する営業セミナーでした。もちろんある程度の評価制度の具体的内容を説明してもいました。

当メソッドの作成者は社会保険労務士で、人事評価制度を使って顧問契約を行い、毎月5万円以上の顧問契約を結べるよう仕向ける仕組みとしていました。人事評価制度そのものに値段を付けると高価になり、購入を躊躇する。だから顧問契約の中に入れて長期的に報酬を受け続ける考え方。

氏の制度導入説明によると
「主張はしない」…売り込みや説明をする際に、人事評価制度に目的や主張を入れない。

この時点で「目的が設定されていない仕組みに何の意味があるのか?」と疑問が沸きますね。

次に、もっと具体的に「会社の経営者が従業員や従業員同士に不平等な仕組みを導入したいと望んだ場合は、経営者に対して多少注意はするがそのまま設計して販売する」と言っていました。

「そのまま行えば離職者が増えるなどの可能性があるとしても…強くは言えない」とも。

これを聞いた時点で嫌悪感を覚えました。

会社が悪くなる可能性は予見しながら、経営悪化の原因になるものを販売する。なぜか?

「きちんとした収入を得て、時間や金銭的余裕を持つことで、我々専門家の知見をもって顧問先の会社に貢献するため」だそうです。

私から見れば滅茶苦茶な理屈であり、マッチポンプ(自分で起こしておいた揉め事の収拾を持ちかけて利を得ようとすること。その人。▷ 火をつけてポンプの水で消す意。)でしょう。

社労士やコンサルタントが食えるようにならないと、会社に貢献できない、だから、役に立とうが立つまいが売り込みます。と言うのは無理があります。本来のあるべき姿としては社会に貢献しているからこそ食えるようになる順序でしょう?

以前「弁護士が依頼者の金銭を横領するような事件が発生するのは、弁護士が食えるようになる仕組みが整っていないからだ。もっと弁護士全体が収入を得られるような仕組みを官民一体で考えるべき」と言っていた弁護士が居ました。

しかしそれは弁護士であろうが社労士であろうが、世間の役に立たず、それで生活ができないのであれば転職すれば良いだけの話であって、なぜか自分たちを「他の職業とは違う」「我々は守られなければならない」と、一つ上の立場であるかのように特別視している思考が見え隠れしています。自身と保有する資格を特別視しながら当人たちは自身の倫理にもとる行為を堂々と正当化しているのではないか。

このような状況を論語では「君子は義に喩り、小人は利に喩る」と言う。(立派な人物は、それが正義であるかどうかをすぐに考えるが、つまらない人物は利益になるかどうかとすぐに考える、ということ。)

経営や世の中には論語と算盤の両方が必要として、算盤のみ追求した場合どうなるのか…?

さて、氏は「過去に企業からのクレームは一切ない」と言っていましたが、それには仕組みがあり、評価項目自体を企業側に作らせる形になっており、当該人事評価制度をうまく使えるかどうかは企業次第であること。顧問契約で継続して指導するため「次は良くなるはず」と期待し続けている可能性があること。効果が薄く、測定できていない可能性。人事評価制度とは全く関係なく一時的に業績が向上する可能性があること。等々考えられます。

証拠とまでは言えませんが当制度を導入した企業のその後については一切明言されていません。「多くの会社の業績が上がりました」などとの発言は意図的に避けていたように見えました。

実際には毒にも薬にもならないようなモノなのかもしれません。そうであれば制度を導入運用する費用や手間ヒマが含まれ、経営上マイナスです。

冒頭のセミナーは第2期生とのことで、すでに50人以上の社労士やコンサルタントが当ノウハウを購入し、この人事評価制度を企業に販売し、導入しているようです。今回も数十名が購入するとのことです。

セミナー冒頭に運営者が「セミナー中に誹謗中傷や、勝手に発言する人は、強制的に退場してもらいます」と念を押していたことで抱く違和感からスタートし、その内容にも、企業を指導するような能力的に高い先生なら気付くはず、と期待したいところです。

また、このような先生と呼ばれているがその実態は危険な人たちが笑顔で会社に取り入る可能性について、特に中小企業の経営者の皆さんには気を付けていただきたい、と注意喚起して今回の日記は終わります。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189334450

この記事へのトラックバック