2022年07月18日

徳島出張(関係性は最初が肝心)


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎徳島出張(関係性は最初が肝心)

先週、四国は徳島県へ出張してきました。

今まで縁もゆかりもない土地へ1人で向かいました。
(成戸は鳴門海峡とは関係ありません。)
(コロナの感染者数が増え始めていた時期なので、新幹線などは使用せず、我がオンボロ車で片道6時間かけてノロノロ移動です。)

20220715_145841.jpg
(徳島駅前の椰子の並木。南国ですね。)

徳島側では今回のコーディネーターと、「勉強したい」とのことで参加の地元の社会保険労務士2名、そして関係者1名の合計5名が支援者側となり、3法人を2日で回ります。

上記メンバーは初対面の方々なので、皆さんの人となりを見ながら、今回の支援スタートのシナリオを指示し、訪問に入ります。

シナリオの最初として、顧客との対話の中で支援側の立場・立ち位置を明らかにし、保有する能力や支援できる分野と、支援範囲を示したうえで、ようやく双方の効果的な情報交換や質問回答が出来るようになります。

そして実際には、いわゆる味方側でさえ想定外の言動があることを注意しながら、支援を受ける人との初対面で対話をしつつ信頼を得て、次回訪問に繋げることを主目的としつつ…

それだけではなく、勉強参加されている社会保険労務士に理解できるよう、教育の視点を考えつつ、訪問前後も含めて話し続けました。

結果的に3法人とも感触良く次回に繋げられたと実感しています。社会保険労務士のお2人には今回を参考にしていただいて、今後の奮起を期待したいところです。

ということで…私としては難易度の高い役割を果たしてきました。

訪問終了した際にコーディネーターの方が「(自然と)穏やかに訪問できましたねぇ」などと吞気な発言をされたので、私は「違いますよ、穏やかに進むように(意図的に)したんです。」とクギを刺すようにお伝えしておきましたが、先が思いやられます。

そして口先だけでその場をやり過ごすわけではないのです。次へ発展する種も蒔いてきました。

今回は、物事をゼロから動かすスタートを終わらせました。何かしらの参考になれば幸いです。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189676597

この記事へのトラックバック