2022年12月05日

医療機関勤務環境評価センター サーベイヤー委嘱


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎医療機関勤務環境評価センター サーベイヤー委嘱

日本医師会から上記サーベイヤーを委嘱されました。
今年11月1日から3年間です。

これは、近年の働き方改革により、医師も労働時間についての制限がされる方針となった一環としての仕組みのひとつです。

今までは医師の自己犠牲的な長時間労働によって患者を救うような部分がありました。その陰で過労死や心身に不調をきたす医師がいたわけです。

ここを法改正により今までは適用を除外されていた医師の時間外労働の制限を変え、時間外労働の上限を定めることになったのです。

これにより、「働かせ放題」「働き放題」の状況を「改革」しなければならなくなりました。働き方改革です。

しかし突然「これ以上働いたら罰を与える」としてストップをかけると、目の前の患者の命を救えない可能性が出てきます。そこで医療の維持と継続を目的にして時間外労働の特例水準が設定されました(将来的に特例は解消される予定)。

医療機関が申請し、各県の地方自治体(岐阜では岐阜県庁)の指定を受けることで時間外労働の上限を引き上げることが出来る、という特例です。

ただし、申請の前提要件として、その医療機関の「労働法令の遵守」「医師の労働時間を縮減できる取り組みの実施」を確認するいみで評価を実施し、その結果をもって申請と認定が行われるのです。

この「医療機関の調査、評価」の役割の一端を担うのがサーベイヤーです。そうです、けっこう責任重大です。

今回のために研修を受け、この仕事以外では役に立たない知識も身につけてきました。正直なところ、面倒な仕事です。

サーベイヤーは経験を積んだ医師と社会保険労務士の2人がワンセットとなり実施します。そこも面倒です。はい、これ以上は言いません。

ボヤキながらになりそうですが、仕事はしっかりと行います。

ちなみに評価内容や評価した病院名などは守秘義務があるため答えらえません。鰻を奢られてもダメです。
よろしくお願いします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189968956

この記事へのトラックバック