2021年04月19日

第38回ふりかえり会開催


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎第38回ふりかえり会開催

「いい会社」には法則がある!
4月17日(土)に第38回「いい会社」の法則ふりかえり会を開催しました。
一回学んだ法則を再度、有志で振り返る会です。

今回は 法則66「経営計画は人材に合わせて変化させる」を取り上げ、
法則の解説担当は大阪の社会保険労務士である長瀧さんにお願いしました。

「戦略は組織に従う」(アンゾフ)の書籍にあるように、特に人材不足の中小企業において戦略に人を合わせる難しい方法を考えるより、人に合わせた戦略を考える大切さと、急激な環境変化に合わせた経営のかじ取りをする上で、同様に組織構築に必要な時間を重視し短縮でき、変化に対応しやすくなる、との考え方です。

中小企業の強みとして方向転換が容易な部分もあるが、そもそも経営計画(戦略)とは方向性を定め、経営資源を集中させる意味があり、これを人に合わせて修正するとは、ブレることにならないだろうか。との矛盾がある。

新たなチャンスにはタイミングが重要であり、これに乗る修正と考えられまた、チャンスを見極める必要もある。今回は人に合わせると表現されているように、チャンスを人から見出す側面から考えれば、従業員を観察し、育て、モチベーションを上げることでチャンスを見いだせる、となる。

従業員の学習、成長、顧客とのやり取り、これらからの時には行動の変化、呟き、理想は提案されることです。

会社として教育、チャレンジを推奨する社風、努力する者を評価する制度は当然に求められます。

さて、「いい会社」紹介として会社訪問した新潟県のフジイコーポレーション様が挙がり、2017年9月に訪問した記憶を辿りながら、当時のノートのメモ書きを読むと、今思えば、当時思っていた以上に「いい会社」であることに気づき驚いています。

今訪問したらどんな観察や質問が出来るだろうか、とも思いました。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年04月12日

十六銀行雑誌に掲載「人を大切にする障がい雇用」


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎十六銀行雑誌に掲載「人を大切にする障がい雇用」

執筆依頼を受け、十六銀行の雑誌「経済月報」2021年4月号に記事が掲載されています。
十六銀行雑誌表紙令和3年4月9日.jpg
「人事労務のツボ」コーナーで「人を大切にする障がい雇用」と題して2ページにわたり、障がい者雇用の現状と法律、誰もが働いて幸せになれる会社の多様性とその強さについて述べています。
十六銀行雑誌掲載記事.jpg

昨年は『人を大切にする「いい会社」』について述べたので、その続きを書いてみました。

今回は前回より更に好き放題に書いたせいか、先方から私の原稿への修正が多く入りました。これについて銀行にも私にも都合があり、社会一般的な障がい者雇用への理解は定まっていないことが良く分かる出来事なのではないかと考えています。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年04月05日

社員と桜を見に行く?


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!

◎社員と桜を見に行く?

地元の桜は昨日の雨でほとんど散ってしまいました。
今年は仕事のことに頭がいっぱいで、週末に気付くと、毎年見に行っていた公園の満開の時期を見逃してしまいました。

見に行く時間はいくらでも作れたはずなのに、緑の葉になった桜を見て、しまった、と後悔しています。自分の心の不自由さを感じてもいます。来年まで待つことになります。

週末の休みまで待っていたら散ってしまうと分かっているのなら、平日でも行くべきですね。

ここで妄想するに、会社従業員であれば、平日の日の出ている時間は会社に居ます。明るい間に桜を見ることは出来ません。休日を待っていたら散ってしまうと予想された場合、経営者が決定して昼の休憩とプラス1時間を使って皆で近所の桜を見に行く、という選択はどうだろうか。

甘い考えでしょうか。やり過ぎでしょうか。

誰もが考えたことがあると思います「人生で何回桜を見られるか?」
年に1回と数えると、限りある機会です。

青い空の下の桜は格別だと思います。

心の豊かさは、その人の人生の豊かさに繋がります。
素直な従業員であれば、仲間と共に見た感覚や時間を大切にしてくれるように思います。
(感受性や協調性を育んでくれるかもしれません。)

経営者の想いも伝わるのではないでしょうか。

ここまで読んで経営者や管理職が「そんな時間は無い・もったいない」「従業員に感性や協調性を求めていない。言われたとおりに働いてくれればいい。」という感想を持たれたのならば、そんな会社に限って、顧客を怒らせたり、不良品が多発したりしてないだろうか、と振り返ってみてはどうでしょうか。

桜を見に行け!という話ではなく、適切なタイミングを大切にしてみてはどうか、というお話でした。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年04月01日

4月の税・労務の手続(主要)[提出先・納付先]


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

4月に入りました。
地元では桜が咲いています。間近に見ると迫力がありますね。1年前を忘れて感動します。

恒例のカレンダーです。

◎4月の税・労務の手続(主要)[提出先・納付先]

12日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]

15日
○給与支払報告に係る給与所得者異動届出書の提出[市区町村]

30日
○預金管理状況報告の提出[労働基準監督署]
○労働者死傷病報告の提出<休業4日未満、1月〜3月分>[労働基準監督署]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]
○公益法人等の法人住民税均等割の申告納付[都道府県・市町村]
○固定資産税・都市計画税の納付<第1期>[郵便局または銀行]
※都・市町村によっては異なる月の場合がある。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月29日

第37回ふりかえり会を開催しました


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!

◎第37回ふりかえり会を開催しました

「いい会社」には法則がある!
として法則を学び、これを仲間でふりかえる会を継続しています。
3月27日に37回目を開催しました。

今回は2016年に大阪勉強会で学んだ法則55「社員の対話の延長線上にしか営業活動はうまくいかない」をふりかえり、法則自体と解説から学びなおしました。

優秀な人が会社を作り順調に成長すると人を雇います。
よくあるのが、経営者が「経営者」とならず、現場の第一線での最も優秀な人物として継続して働き、同じ働き方を従業員に強く求める様子です。

自身が最も能力があるため従業員に対して「同じように出来るようになれ」「なぜできないのか」と自身のコピーを求め、期待する話もよくあります。

実際は経営者と同じ優秀で仕事ができる人物は、経営者と同じく、独立することでしょう。何でもできるのですから。

会社組織は個性ある人々が集まって得意不得意の凸と凹を合わせ、利益の最大化を求める合理的な機能と、その期待から成り立ってきます。露骨な表現をすれば、一人では食っていけなくても皆で協力したら食っていけるよね、そんな感じです。

そのため、中小企業で働いてくれる従業員に高すぎる期待と要求をするのではなく「仲間として・自社に合う人」の基準から従業員になってもらい、協力し合って働ける環境とすることが大切です。

この反対の動き、自身と同じコピーを強要する、個々の強さを求め協調性をないがしろにすると、その影響は、営業や成績、従業員の離職率などに「唐突に」影響が出てくるようです(時には心労や過労からの経営者の病気の話も聞きます)。

この際に、原因を分析し、理解し、納得できるかどうかがあり、その次に自身の経営方針の反省が出来て修正できるかどうかが会社の大きな岐路になります。気付きと行動に違いが生まれるのは、経営者の人生における哲学、といった根本的なものに依ります。他者の意見を聞き入れられるかどうかも同じです。

今回の法則では、営業について限定して社員の対話の延長線上に答えが見えてくるとあります。

対話の中の言葉自体に答えがあるかどうかは別として、営業も協力し合い皆で活動する仕組みと仲間の協調から動きが生まれ、ようやく営業における効果的な活動が生まれてくる、ということです。

別の角度から分かりやすく言えば、売ってきたトップセールスマンだけが偉いわけではない、支える人たちがいて目立つ成果が見えるのが売り上げであるだけなのです。

・・・・・・

話は変わり、以前は「いい会社」として参考にしていた「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の授賞式が今年もありました。受賞した会社を見ると、名の知れた大企業寄りになっている様子を見るに、誰から見ても分かりやすく当制度・取り組みの方向性自体の潮目が変わった印象を受けました。大人の事情でしょうか。(知らんけど。)

私からは「(人を大切にしている)地方の名も知られていない小さな会社を発掘して応援するような賞にしてほしいなぁ」と思います。

今回も楽しく話し合いが出来てよかったです。参加者の皆様ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月22日

新入社員に腰を落ち着けてもらう


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎新入社員に腰を落ち着けてもらう

テレビや映画の、会社内の出来事を中心に進むドラマの中で、入社した主人公が「この職場で頑張ろう!」と決意するシーンが1話2話あたりに挿入されていることが多くあります。

今までは気にしていなかったのですが、最近は重要な場面であると思っています。

入社する行為は当然、当人が決めたことであり、入社したら「この会社で働く意思がある」と自身も周囲も認める事実となりますが、実際は「何となく、良さそうな会社だな、と思ったから求職した」と、強い意志で会社を選んだわけではない人が、結構な割合でいます。

地方の高卒、新卒採用を例にすれば「家に近くて、給与がそこそこあって、学校の先輩がいるから」などの理由が浮かんできます。

その感覚の入社したての社員は、いわば会社に「腰を掛けている」状態であって、いつでも腰を上げて(離職)どこかへ移動(転職)してしまうかもしれません。

そのため、どこかで気持ちを定めていただく機会を会社は求めていきましょう。

強い意志を持つタイミングや理由は人それぞれです。
・やりがい
・面白い
・いい仲間になれそう
・尊敬する人がいる
・仕事が自分に合っていると感じる
・自分の未来を描ける
・この会社でやっていけそうな予感

機会を作るに、分かりやすくは時間の節目を作ることで、
・入社式
・新人教育期間と修了、修了式
・入社数カ月後の面談
・一定期間経過時のイベント
と言ったところでしょうか。

無理やりではなく、ソフトに背中を押すイメージで「この会社で一緒に働いていこうじゃないか!」とのメッセージを伝えられるといいですね。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士