2018年07月26日

7月豪雨災害に伴い休業した場合に休業手当、賃金の一部の助成する制度


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎7月豪雨災害に伴い休業した場合に休業手当、賃金の一部の助成する制度

7月の豪雨によって従業員を休業や出向などを行って雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成できるようになりました。

「雇用調整助成金の特例」です。

今回の特例では被災地でなくても、豪雨の影響に伴う経済的な理由で休業等を行わざるを得なかった場合には該当します。

例:取引先が被災し、業務に必要な材料や商品が調達できない場合。

被災者救済のため、休業後の事後申請も可能となっています。

該当者は是非ご活用ください。

平成30年7月豪雨に伴い雇用調整助成金の特例を実施しています。(PDF:149KB)
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000335233.pdf

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月23日

睡眠が追加「交通労働災害防止のためのガイドライン」の改正


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎睡眠不足が追加されました「交通労働災害防止のためのガイドライン」の改正

厚生労働省の作成している「交通労働災害防止のためのガイドライン」が改正されました。

トラックやタクシー、バス等の運転を⾏わせる事業者、荷主・元請事業者が知っておくべき内容です。

3 点呼等の実施及びその結果に基づく措置
(1) 点呼等の実施
事業者は、安全な運転を実施させるため、運転業務従事者に乗務を開始させる前に、点呼等により、疾病、疲労、飲酒その他の理由により安全な運転をすることができないことのおそれの有無について報告を求め、その結果を記録すること。


の中に、新たに睡眠不足が追加され、

事業者は、安全な運転を実施させるため、運転業務従事者に乗務を開始させる前に、点呼等により、疾病、疲労、睡眠不足、飲酒その他の理由により安全な運転をすることができないことのおそれの有無について報告を求め、その結果を記録すること。


となりました。

つまり、トラックやバスなどの運転をする前に事業者が党運転手を睡眠不足の状態と判断した場合「運転させないようにすべき」としたわけです。

当然の話と感じますが、こと「仕事」になると多少の無茶を本人も会社側も求めてしまうのが現場の悪しき慣習なのです。

今後、運転手は今まで以上に自己の健康管理に注力するよう求められるでしょう。

また今後、責任者が目視で明らかに睡眠不足と分かるような状態の運転手に運転をさせた結果、事故が発生した場合、過去の判断よりもより重く会社の責任を問われるでしょう。


参照
厚生労働省ホームページ
交通労働災害を防止するために
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000102664.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月19日

エクセレント企業認定 説明会でお話をしました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎エクセレント企業認定 説明会でお話をしました。

17日にエクセレント企業認定申請説明会において過去のエクセレント企業認定の事例紹介を担当しました。

37272282_1623582504419858_4761583435074502656_n.jpg

今回の説明会には、平成30年の今年にエクセレント企業として認定を受けようとしている企業が参加しています。

平成29年度に私が担当した四つの企業全てがエクセレント企業として認定を受けました。

その中で今回の説明会にわざわざ企業説明をしていただいた医療法人仁寿会様の他、

今回事例としてオオサキメディカル株式会社郡上工場様の内容を紹介しました。

当企業は認定基準として挙げられている項目以外で、素晴らしいと言える独自の取り組み、いわゆる「オリジナル部分」が豊富にあったので、紹介しました。

事例紹介以外にも、私独自の「エクセレント企業認定への取り組み方の考え方(方向性、指針)」「働き方改革とワークライフバランスについて」の考え方について少し触れ、

エクセレント認定を受けるためだけに取り組まないでほしいこと、自社を良くするためにどうすればよいかを考え、無理せず急がず着実に進めてほしいことをお伝えしました。

37291714_1623582404419868_6418857636376084480_n.jpg

ほんの少しでも参加者へ良い影響を与えることができれば今回の私の役割は成功だと思います。

良い結果を期待しています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月16日

可児市わくわくワークプロジェクトのパンフレット


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎可児市わくわくワークプロジェクトのパンフレット

岐阜県可児市の「働き方の見直し」「ワーク・ライフ・バランス」の実現に取り組む市内企業を登録、さらに模範となる企業と協定を結び、市内外に広くPRすることで、市民と企業とまちがともに発展する取り組み「わくわくワークプロジェクト」のアドバイザーとしてスタート時から参加しています。

このたび、パンフレットが出来ました。

私も写真付きで登場しています。

Image.jpg

私は、可児市の「よさそうな会社」へ訪問し、ヒアリングし、可児市の模範となる企業を市へ報告する仕事と、会社ごとの課題等の助言を行い、セミナーなども行ってきました。

まだまだこれから、という感じなのですが、今後も継続して取り組むことで、私の厳しい目から見て「いい会社」と呼べるような企業が1社でも多く増えることを期待しています。

興味のある方は下記参照より詳細をご覧ください。
今日はこのへんで。

参照
可児市わくわくワークプロジェクト
http://www.city.kani.lg.jp/11768.htm

パンフレットPDF
http://www.city.kani.lg.jp/secure/12295/wakuwakugennkou.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月12日

豪雨による被害を受けた方への国民年金保険料免除


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎豪雨による被害を受けた方への国民年金保険料免除

このたびの台風第7号及び前線等に伴う大雨による災害により亡くなられた方には、心からご冥福をお祈りし、被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げたいと思います。

厚生労働省より連絡がありました。
前回の地震を受けた方々への対応と同様の内容です。

平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による災害により被害を受けた方々で、一定の条件を満たした国民年金第1号被保険者は「申請により」保険料免除とすることが出来ます。

(1)申請された免除の審査
申請書に添付された被災状況届等に記載されている状況から、被害が最も大きい財産に係る損害が2分の1以上であることを確認すること。
 農林水産業で被害を受けた方も同様です。

(2)免除期間
平成30年6月分から平成32年6月分までであること。なお、平成30年7月分以降については、改めて免除の申請が必要となること。

あくまで「申請」がないと行政官庁は動いてくれません。
該当する可能性のある方は、社会保険労務士・市役所・年金事務所などへ相談されてはどうでしょうか。

※追記
国民年金第1号被保険者 とは
日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者の方(厚生年金保険や共済組合等に加入しておらず、第3号被保険者でない方)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月09日

今回の豪雨について(地元では)


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎今回の豪雨について

皆さん、今回の豪雨は大丈夫でしたか。

私の住む岐阜県関市では、雨が降り続き、8日の早朝に、けたたましくサイレンが鳴り「川が氾濫した」と放送がありました。

避難命令も出ました(今思えば地元に暮らしてきて人生初でした。)

私の住む場所では、あまりひどく雨は降らなかったため「いつもの台風のように田畑が水浸しになるくらいだろう」そう考えて避難もせず気楽に構えていました。

雨が上がり、晴れ始めた午後、自宅の壊れた雨樋を修理し、食料を買い込むために車で外出しました。

川沿いの道に差し掛かった時、今回の豪雨の被害が、ここで育った私の記憶に無い程、酷いものだと分かりました。

民家、郵便局、コンビニ、様々な建物の中に泥水や大きなゴミが入り、

道路のガードレールは曲がり、フェンスは押しつぶされ、あるところでは道が崩落しています。

スマートフォンで写真を撮ろうと思いましたが、復旧作業している人々、その家の持ち主が後片付けをしているその姿を、その場所を撮影するのは気が引けて、結局撮るのをやめました。

私の自宅と事務所は無事であったことが、なんだか申し訳なく感じたところもあります。

今振り返ると、夜中のあのサイレンは、平和な日常を一瞬で変えてしまう象徴のように感じました。

大地震、津波、そして半世紀前には戦争で鳴り響いたのでしょう。 

「常に備えておかなければならない」と、今回よくわかりました。

地元では、今日には後片付けが済み、日常が戻ってくると思います。

他県のもっとひどい被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。亡くなられ方々にはご冥福をお祈り申し上げます。

最後に社会保険労務士らしいことを言うとすれば、今回の被害は天変地異の部類であり、この表現は就業規則などでよく見られるもので、普段の会社の規則の例外として免除される内容がたくさんあるはずです。

こんな時は会社のみならず地域で臨機応変に協力しあう必要がありますね。

今日はこの辺で。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村