2018年06月14日

心理的な『貸し』と『ものさし』


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎心理的な『貸し』と『ものさし』

会社を退職・解雇されるときに労働者と使用者のトラブルが発生しやすくなる実例を多く見ているうちに、ようやく気付いたことがあります。

それは労働者には「会社に対して貸しがある」と心のどこかに抱えている部分がある事実です。

労働者の感覚として、労働者から借りているのは会社です。

・これだけ長く働いて会社に尽くしたのに…
・つらい残業を、会社のためを思って頑張ってきたのに…
・会社の要望に応えて転勤もして、賃金も下がったのに…
その返礼がこの程度なのか、と感じるのですね。

私も社会保険労務士になる前に、ある会社で10年弱ほど働いたわけですが、退職日まで年次有給休暇を使わず頑張ったのですが、会社での送別会も無く退職金も30万円弱という仕打ちに、退職後に当該会社を応援しようなどとは考えられませんでした。社長はベンツの最高級グレードに乗っているのにね。

という例を挙げてましたが、会社側としては、コストを抑えたい気持ちがあるでしょう、特に退職者に手厚くしても得しないと考えていると思います。

しかし、トラブル発生、訴訟、とまではいかなくても、味方を減らす行為であることは間違いありません。あるいは敵を増やしているかもしれません。長期的視点で考えてもらいたいものです。

2018年04月12日の日記「人事労務の無策・育児休業・福利厚生」 http://gifusr.sblo.jp/archives/20180412-1.html

に書いた例も「これだけ働いて、この程度の退職金では割に合わない」からこそ復職する意思が無いにもかかわらず、育児休業として休み、退職ではもらえないはずの手当を受け取る行為に至るのではないか、と考えられます。

金銭的な問題はともかくとして、退職時の満足という意味において、円満退職がなかなか難しいのは何故かと考えた時に、会社が従業員を大切にしていない場合は問題外として、

労働者自身が労働者の権利・義務・市場価値を理解していない点があるように思います。

法的な権利、会社での就業規則でうたっている権利。権利と同時に発生する義務。

一個人の労働者としての市場価値。「自分はもっと仕事が出来る(重要な仕事をした)優秀な人間だ」と労働者の多くが自己を過大評価している部分はあると思います。評価が高ければ報酬も高く望むためです。

言い換えれば「これくらいが妥当」と思える物差しがあってこその満足があると考えれば、ものさしを持ってもらう学びの場を会社が用意することも必要なのではないでしょうか。

一つは人事評価。他は会社の財務状況説明、就業規則や社会保険や労働法の学習会があってもよさそうです。

満足で付けくわえるとすれば普段から会社が従業員を大切にしている、自分が大切にされている感覚があるかどうかの差は大きいでしょう。

一人の従業員を一人前に育て上げるための手間暇費用も会社には必要です。これを手厚く、気持ちを添えてつたえていくとよさそうにおもうので
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月11日

厚生省より労働法令違反企業リストが出ています。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎厚生省より労働法令違反企業リストが出ています。

いわゆるブラック企業リストと近年言われている労働基準関連法令違反の企業を厚生労働省労働基準局監督課が5月31日から新たに掲載しています。

やはり気になるのは自分の住む岐阜県の内容。

どこかで聞いたことのある名前が出ていると残念でさみしい気持ちになるのですね。

多くが足場の設置など建設業の安全衛生に係るものが大半となっています。

工場ではクレーンの扱いと機械の安全装置の未設置が指摘されています。

ところにより36協定を結んでいない企業が挙がっていますね。

「忘れていた!」レベルの内容もありますが、忘れていたでは済みません。

どれも労働者の心身の安全を守るために必要な措置を行っていない意味で明らかにブラックと言わざるを得ない。

これを読まれている会社や支援している会社は大丈夫でしょうか?

簡単な内容ながら、他山の石として見ておくと良いかもしれません。参照よりご覧ください。
今日はこのへんで。

参照
労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成29年5月1日〜平成30年4月30日公表分)PDF
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月07日

「いい会社」のお祭り参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎「いい会社」のお祭り参加

6月2日に以前「いい会社」見学で訪問した東和組立株式会社の板津幹彦社長からお誘いを受け、東和組立様を中心にした地元のお祭り「プラス・ワンまつり」に参加してきました。

東和組立様の見学レポートにあるように、地元ではブラジルを中心に外国人が多く住む地域で、日本人と分け隔てなく正社員として雇用されており、このお祭りも地元の外国人がブースを用意し、屋台を用意し、出し物としてダンスをされていました。

障がい者施設の方々もブースを用意して、様々に販売していました。

健常者、障がい者、外国人、老若男女、東和組立さんの従業員の方などボランティア活動を楽しんでおられました。本当に笑顔があって余裕があって気持ちが良い。
IMG_20180602_133540.jpgIMG_20180602_122918.jpg
雨続きの間の暑すぎるくらいの晴れ渡った天気に、一般的なお祭りとは少し雰囲気の違う多様性にあふれた平和な様子を愉しみました。

参加者全員参加の抽選会で、私はアウトドア用チェアとパラソルに当選し、思わぬプレゼントを頂いてしまいました。
IMG_20180602_134410.jpg
ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月04日

同一労働同一賃金に関わる最高裁判決『長澤運輸事件』を読んで


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎同一労働同一賃金に関わる最高裁判決『長澤運輸事件』を読んで

平成30年6月1日に働き方改革に関連するとして注目されていた事件「長澤運輸事件」と「ハマキョウレックス事件」の最高裁判決が出ました。

二つを同時にあたることはできないので今回は長澤運輸事件について私なりに述べたいと思います。(まあ学校などで訴訟法を学んだわけでもなく、弁護士でもない私が語るのでいくつかの間違いがあるかもしれませんがその場合はご指摘ください。)

判決の結果から言えば賃金引き下げを不合理ではないとした高裁判決を支持、また精勤手当の不支給については不合理としました。

全体を通じての感想は「私の感覚から見たところ妥当な判決であった」というものです。

内容としては会社が定年後に継続雇用した従業員の賃金を引き下げたことは不合理であるとして従業員が訴えたものです。

そして論点としては労働契約法第20条にある有期労働契約労働者といわゆる正社員との間の労働条件が違う場合はその違いが不合理であっていけないとされており、今回の賃金引き下げがその「不合理」にあたるかどうかです。

労働契約法第二十条 有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

判決文をインターネットでパソコン画面で読んでいたところ非常に読みづらかったので結局、紙に印刷して読むという時代に逆行するような読み方をしながら読み進めました。

興味深かったのは
・労働条件の相違が、職務内容及び変更範囲並びにこれらに関連する事情に限定されるものではなく、

・雇用及び人事に関する経営判断の観点から、様々な事情を考慮して検討するものということができる。

としている点で、「同一労働だから賃金引き下げはダメ、とは単純に判断できません」と言っています。

また、「賃金引き下げをした」この一言で済ますわけにはいかず、細かく見ると、 この事件の実際は継続雇用後の方が基本給が高くなっており、 仕事の成果が給与に反映する率%も継続雇用の方が高くなっている点も、引き下げが不合理と言えないと判断された原因の一因となっています。

固定給が高いということは定年後の生活の安定を意味していますし、年齢によっては老齢年金が受給できるため、 会社と国から手厚く保護されているようにも見受けられます。付け加えれば、老齢厚生年金の報酬比例部分が受給できない間は会社が調整給として支払う事としており、なかなかしっかりした会社であるような印象を受けます。

その他、定年後は高齢者であるため、その後能力がどんどんと上がるとは考えられず、その意味で能力給をなくしたのは妥当かと思います。

反面、精勤手当については、欠勤なく出勤したものに対して支払われる意味合いのものであるため、支給しないというのは不合理であると判断されています。

家族手当及び住宅手当については、従業員に対する福利厚生及び生活保障の趣旨で支給されているものであるして、労働者の生活に関する諸事情を考慮することになるものと解されています。

つまりは従業員個人個人をちゃんと見て、支給するかどうかを判断しなさい、一律に定年後の継続雇用だから支給しないというのは、いけません、と言っています。

このように、元々支給していた手当のその意味(趣旨)と定年後継続雇用もしくは期間雇用の 関連があって支給不支給の判断がされているかどうかを見ています。

その意味で裁判の判断としてはわかりやすく納得のいくものであると思います。


判決文は長い文書でありながら、時として非常に回りくどい言い回しをするため分かりづらいのですが、一つ一つ分けていくと何とか理解できるものです。

そして、今回の判決で今後の同一労働同一賃金に向けて、定年後の継続雇用の労働条件をどのように設定しなければいけないかのニュアンスが分かってくる内容でした。

参照
長澤運輸事件 最高裁判決文
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/785/087785_hanrei.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月31日

仕事ぶりと人柄について。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎仕事ぶりと人柄

私の知り合いにも、私の日記と同じようにブログを書いている人がたくさんいます。

ですが、定期的に決まった曜日や日にブログを書ける人は思ったより少ないようです。

定期的に書けない人たちは、突然ブログをインターネットにアップします。 つまり、何か書きたいと思った時に書いているのでしょう。

そこには書きたいと思った「きっかけ」があるはずです。

そのきっかけに反応したのは、著者の価値や 琴線に触れたためであると推測すると、その人となりが見えてくるわけです。

例えば私は社会保険労務士としてこのブログを書いているため、社会保険労務士とその実務またはそのキーワードの周辺の内容に限定して書いています。

そこで今日食べた昼食の話などは 書く必要はありませんし、自分の中で仕事に限定しておきながら私生活のことを書くことは、私としては、いわゆる公私混同と思うわけです。

先ほどの人となりが見えてくる、という話で行きますと、どうしても昼食の写真や愚痴が多いとか、ブログの題名と全く違う内容を書いている人とか、様々いることがわかります。

相手を知ろうとした時に、その人の書いた文章を読むと、とても良く分かるように思います。

同じ意味で、その人の行動のきっかけを知ると、相手を理解しやすいように思います。

その意味で定期的に書いているかどうかの差は結構あると考えていまして、習慣化している人は、それだけで「すべきことをすべき時にする」人であるように思います。(自分を高く評価しているわけではありませんよ)

「すべきことをすべき時にする」のは社会人としては当然に求められる要件であり、出来ない人は時として、人に迷惑をかけてしまう可能性が高くなります。

すべきことが非常に難易度が高ければ仕方ないかもしれませんが、簡単な積み重ねができない、となると、重要な仕事は任せられないということになります。

遅刻する人には重要な仕事を任せられないのが普通ですね。

どこに話を着地させようと思っているかと言うと、働き方とその人の人格は同じであるという事で、特に今年から働き始めた人たちは、自分が毎日働いている働き方そのもので自分の人格が磨き上げられたり、逆に落ちてしまう可能性もあると理解しておいたらいいのではないかな、と 、そんなことを考えたのでした。

きちんと人物の評価が出来る組織や人が重要な仕事を任せる相手は、それなりの人であるとして、注目すべきですね。

もちろんこのような話を用いて、「やりがい搾取」のようなものを強要するような会社では働いてはいけません。そこは釘を刺しておきます。その辺りは物理的心理的労働環境、報酬、評価、やりがいなどをバランス良く環境を整えている会社であるか、そこが大事なのではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月28日

6月の労務と税務の手続カレンダー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!
今週末から6月に入ります。
梅雨の時期、雨を愉しむ心を大切にしたいと思います。

それでは恒例のカレンダーをどうぞ。

◎6月の労務と税務の手続カレンダー

1日
○労働保険の年度更新手続の開始<7月10日まで>[労働基準監督署]
  
10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]
○特例による住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
  
7月1日
○個人の道府県民税・市町村民税の納付<第1期分>[郵便局または銀行]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所] 
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況報告(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]

雇入時及び毎年一回
○健康診断個人票[事業場]


そういえば、雇い入れ時の健康診断はどうされていますか?
会社とは様々な事情を持った人が集まる場です。前もって理解しあった上での雇用、労働環境の整備が出来ると思います。大事ですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村