2017年09月07日

その言葉は真逆の意味に伝わっているかもしれません。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

今回もご愛読ありがとうございます!

◎その言葉は真逆の意味に伝わっているかもしれません。

単語の意味と文脈と自分の立ち位置を把握したうえで発言しないと、反対の意味に理解され、間違うこともあります。

特に権限のある強い者、経営者は、その言葉遣いに細心の注意をすべきです。

最近あった実際の出来事を紹介します。

私は仕事で病院に訪問することがあり、時には会議に出席します。

医師、看護師長、介護師長、その他コメディカル、事務長など責任者が出席し、職員アンケートの集計結果と部署ごとの実態として時間外労働の平均などから、病院の今後の改善点について話し合いました。

その時は、医師の代表として副理事長がその場の長として、経営者側として参加しました。

その時の副理事長の発言です。

「私は積極的に各部署、施設を回って職員の声を聴いている。色々な話を聞いている。時間外労働が多い点については、職員は満足して働いている。聞いて回っているが、時間外労働が多い職員ほど、その長時間労働に満足して働いている。なぜなら時間外労働をしたくない職員は、時間外労働をしないからだ。中には月○○○時間(3桁)の時間外労働をしている者もいる。その者もその状況に満足している。私が聞きに行っているが実際そうなっている。ただ、全体としては時間外労働を減らさなければならないが。」

私はこの発言を聞いて驚きました。経営者がこんなことを言っていいのか?と。

しかし、周りの出席者を見ると頷く者も多くいました。それが私を更に驚かせました。

その後、私の発言する機会が回ってきたのでこういいました。

成戸「医療者に説明するのも失礼かもしれませんが、長時間労働の蓄積は身体と精神に悪影響を与えます。最終的に至るのが過労死です。甘く見てはいけないと思います。」

医師「私は産業医も行っているから十分理解している。今回のアンケートからその事実が分かったから言っている。今回の取り組みは職員の満足度を高めるもので・・・」

成戸「満足度を高めるためだけではなく、健康にも配慮するものだと思いますが。」

医師「だから事実として・・・。」以下省略。

・・・・・・

この医師は「時間外労働を減らすべき」「職員満足度を高めるべき」と言っています。

医師である以上、健康に配慮することも当然の前提条件として言外に含めているのでしょう。(そう期待します。そうでなければ・・・。)

ただし、私には真逆の意味である「長時間労働も本人が満足しているのであれば良し。」と言っているように聞こえました。


読者のあなたは冒頭の医師の発言を、どう思われますか?感じますか?

経営者側の「この表現」を従業員側が聞いたら、その意味は、どう捉えると思いますか?


私としては「従業員は長時間労働に満足している」の一文は、経営者が言ってはならない言葉だと思います。

それが誤解であっても、です。

これを繰り返し発言した時点で私は怒りを覚えました。

なんてセンスの無い経営者だろう。と。
(あまりにも怒り過ぎて、夜に体調が悪くなってしまったほどです。これは自分に反省です。)


悪い例として、政治家が非常識な発言をして辞任に追い込まれたりしています。長い文脈の中の1フレーズだけを抜き出されてのマスコミのやり方もありますが、やはり、経営者は言葉に気を付けるべきです。

どこを切り取っても、その意味が正しく伝わるように、慎重に話す。

感情に激情に動かされての暴言などもってのほか。

いい言葉が出てこないのであれば、黙って笑顔でいる方がどれだけ良いか。


なぜ、このようなことを書くのか、と言いますと、言葉遣いの下手な経営者が多いと感じるからです。

今回は、ただの一例です。

言葉遣いは意外と修正が難しいものです。

自分の発言を振り返る機会は、意識しないとありません。

「私の言っていることを従業員が理解してくれない。実行してくれない。」と感じる機会が多いのであれば、伝え方の間違いがあるのかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜
事務所

岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。
このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月04日

9月の労務と税務の手続カレンダー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!
早くも9月に入りました。
恒例のカレンダーをどうぞ。

◎9月の労務と税務の手続カレンダー

11日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]

10月2日
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村