2017年10月23日

平成29年版過労死等防止対策白書について


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎平成29年版過労死等防止対策白書について

厚生労働省が平成29年版過労死等防止対策白書を公表しています。(詳細を知りたい方は、文末の参照よりご覧ください。)

ザっと目を通して気になる点だけ見ておきました。

やはり、労働時間についての論点が多く、「労働時間を正確に把握すること」が「残業時間の減少」に繋がるとする分析されています。

まずは、従業員個人個人の労働時間の把握から、長時間労働を減らす取り組みを進めることですね。

これに伴い規則の変更もされています。

労働安全衛生規則(昭和 47 年9月 30 日労働省令第 32号)を改正し、平成 29 年6月1日から事業者の行う措置として、以下の事項が義務づけられた。
(ア)1か月当たり 100 時間を超える時間外労働を行った労働者の氏名及びその労働者に係る超えた時間に関する情報を産業医に提供しなければならない。
(イ)労働安全衛生法(昭和 47 年6月8日法律第 57 号)に基づき、医師又は歯科医師が事業者に対し意見を述べる上で、必要となる労働者の業務に関する情報を求められたときは、速やかに、これを提供しなければならない。


とされました。

脳・心臓疾患の労災認定基準の概要で労働時間以外の負荷要因を読みますと、
不規則な勤務
拘束時間の長い勤務
出張の多い業務
交替制勤務・深夜勤務
温度環境
騒音
時差
日常的に精神的緊張を伴う業務発症に近接した時期における精神的緊張を伴う業務に関連する出来事


とあり「そうか、出張も原因となりうるのか」と腹に落ちた感がありました。

その他、商慣行・勤務環境等も踏まえた取組みの推進、企業個々の取り組みのみならず、業界全体での取り組みをするように書かれており、その点は行政の強制力を持って行うしかないのでしょうか、残念ながら。

最後に:
何となく「働き方改革」が進めば労働時間が減り、過労死が減る、との考え方があるように思いますが、改革の内容によっては労働者への心身両面へのストレスは増える可能性だってあります。

そして、改革の途中にある人々が最も大変ではないだろうか、と慮ってみると、本当に慎重に、かつ確実に目的地である「自社のあるべき姿」へ進む大切さをもって進んでいただきたいと思います。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【参照】
厚生労働省 ホームページ
平成29年版過労死等防止対策白書
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/17/index.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月19日

感情と推測と事実確認


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎感情と推測と事実確認

仕事上、様々な相談を受けます。

その中で、やはり労働相談や、従業員の処遇についての相談が多く、そのため相談相手がこの場に居ない第三者の話をされる場合が多くあります。

その場合「その第三者の話を聞かない限り、一方的な内容になっている」との前提に立って聞く必要があります。

くだけた表現で言えば「それ本当?」思って聞いている内容もあります。

特に相談者が「○○と(他者から)聞いた。」「○○らしい。」「○○だと思う。」との推測から結論を下そうとしている場合は、「事実確認しましたか?」と、しつこく聞かざるを得ません。

「推測」の意味を調べると

「物事の状態・性質や将来を、部分的・間接的に知り得た事柄や数値から、おしはかること。」

とあり、部分的、間接的な情報から推し量って判断を下すことは、なるべく避けたいものです。

これが従業員のいじめやハラスメント行為、昇進昇格・降格・解雇などに影響を与える、もしくは決定する場合であれば、とても慎重に進めるべきことであり、ましてや結論を下す決定者の感情が入るなどは、あってはならないのです。

ここまで書くのは、結構な確率で推測と感情での判断をしている人が多いからです。

感情が優先するから事実確認をおろそかにするのでしょうか。

とにかく、時間と手間をかけて良い部分には、十分にかけていただきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村